ここから本文です

「医療ミスで死亡」遺族が南部徳洲会を提訴

5/31(金) 10:14配信

琉球新報

 胃がん摘出手術で医療ミスが重なり沖縄県糸満市の60代男性が死亡したとして、遺族が30日までに、南部徳洲会病院や担当医師を相手に約8900万円の損害賠償を求める訴訟を那覇地裁に起こした。遺族側は主治医が「ほぼ100%成功する」と説明したにもかかわらず死亡したことなどから「明らかに医療行為に過失があった」と訴えている。同意書の存在や事実関係について同病院は「係争中のためコメントできない」と述べるにとどめた。


 訴状によると、男性は2015年9月、同院で受けた特定健診で初期の胃がんが発見された。その後、手術の主治医となった同院の外科部長に「この手術は簡単な手術であるから、ほぼ100%成功する」と説明されたことから、手術を決意し同意書に署名した。外科部長が執刀医となることも確認したが、実際には大半を研修医が執刀した。

 3日後には縫合不全が見つかり、男性の容体は悪化。再び開腹手術がなされたが、別の出血なども発症して手術から20日後に死亡したという。

 遺族側は同意書を証拠提出したほか、調査を依頼した県外の医師も「複数の医療ミスが重なった結果」と指摘しているとして「医療過誤は明らか。病院側は患者一人が死亡した重大さを真摯(しんし)に受け止め、原告の声に耳を傾けてほしい」と訴えている。

琉球新報社

最終更新:5/31(金) 10:14
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事