ここから本文です

山下智久“変人博士”VS要潤“スカーフ男”バトルぼっ発 『インハンド』第8話

5/31(金) 8:00配信

オリコン

 俳優・山下智久が主演するTBS系連続ドラマ『インハンド』(毎週金曜 後10:00)。第8話では右手が義手の主人公・紐倉博士(山下)の大学時代の同期で、経産省のアドバイザーを務める遠藤匡晃として要潤がゲスト出演。“スカーフ”がトレードマークで昔から紐倉を一方的にライバル視する遠藤と、“変人”紐倉博士のクスッと笑える小競り合いが見どころとなる。

【写真】濱田岳演じる高倉の“名推理”にも注目

 第8話では園川務(柄本明)が会長を務める巨大企業の後継者候補で、務の息子・直継(夙川アトム)が飛び降り自殺する事件が発生。その自殺の原因はなんと、“呪いの血のポスター”だった? モデルの頭部が血のように赤く染められたポスターが、本当に直継の自殺と関係しているのか。紐倉は、高家(濱田岳)、牧野(菜々緒)と共にまるでオカルトのような直継の自殺の真相を調べることに。

 高家が名探偵さながらの推理を披露するシーンの収録では、その迷推理ぶりに山下をはじめ要やスタッフもリハーサルで思わず笑ってしまう場面も…。劇中では“因縁の相手”として山下に対抗意識むき出しの要は、山下とはこれが初共演となったが、現場は何度も笑いで包まれるなど、終始和やかムードだった。

 同じく第8話のゲストとして巨大企業の会長・園川務役で出演する柄本は、要とは同局連ドラ『流星の絆』(2008)で親子を演じており、かつてと同じ金曜ドラマ枠で再共演するということが「流星の絆を思い出す」「戸神親子が再来!」などとSNSで話題を呼んでいる。

最終更新:6/1(土) 20:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事