ここから本文です

マツダ ファミリア2代目、ロータリークーペ…上へ、上へ[詳細画像]

6/1(土) 12:30配信

レスポンス

5月24日、東京のウォーターフロントで開催された『マツダ3』新型発表会には、『ファミリアプレスト・ロータリークーペ』が展示された。マツダ3はファミリア~アクセラから続く、コンパクトカーの系譜に連なるモデルであり、ロータリークーペは2代目ファミリアの派生車だ。

[関連写真]

2代目ファミリアは1967年11月に発表された。68年2月には、標準仕様の1.0リットルエンジンに対し、1.2リットルに排気量を拡大した「ファミリア1200」が追加される。さらに70年3月には、1.3リットルエンジンを搭載した上級仕様「ファミリアプレスト」セダンが登場する。

いっぽう68年7月に、『コスモスポーツ』に続くロータリーエンジン搭載車となる「ファミリアロータリークーペ」が誕生した。排気量491cc×2の10A型2ローターエンジンだった。翌69年7月には、4ドアセダンにもロータリーエンジンを搭載し、「ファミリアロータリーSS」と名のった。そして70年4月には、ロータリーエンジン搭載車も「ファミリアプレスト・ロータリー」シリーズとして「プレスト」に集約されることになった。

ファミリアロータリークーペは「マツダR100」の名称で、輸出もされている。


《レスポンス 高木啓》

最終更新:6/1(土) 12:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事