ここから本文です

山下智久、要潤との“凸凹コンビ”が「面白すぎる」と反響 『インハンド』第8話

6/1(土) 12:10配信

クランクイン!

 山下智久主演のドラマ『インハンド』(TBS系/毎週金曜22時)の第8話が5月31日に放送され、山下演じる紐倉と要潤演じる遠藤匡晃のやりとりに「凸凹コンビ(笑)」「夢の共演だけど面白すぎる」「険悪なのにコミカル」と大きな反響が寄せられた。

【写真】山下智久と要潤のコンビに大反響『インハンド』第8話プレイバック


 紐倉は、SNSで話題になっている“呪いの血のポスター”に興味を持つ。それは園川(柄本明)が会長を務める巨大企業キガシマホールディングスのポスターで、園川の息子であり後継者候補の直継(夙川アトム)が飛び降り自殺をしたことが発端だった。モデルの頭部が血のように赤く染められた“呪いの血のポスター”は、直継の自殺と関係しているのか? 紐倉は、高家(濱田岳)、牧野(菜々緒)と共に直継の自殺の真相を調べることに。

 そんな3人の前に、経産省のアドバイザーであり、紐倉の大学の同期でもある遠藤匡晃(要潤)が現れる。紐倉に対し、「お前は一切この事件にかかわるな」と攻撃的な遠藤だが、「僕が内閣官房のアドバイザーをしていることが気に食わないんだろう」と涼しい顔で全く動じない様子の紐倉。さらに遠藤の性格を「まわりくどい」と一蹴するなど、終始けんか腰なやりとりに「要潤、やっぱいい。回りくどいキャラまた出て欲しい」「山ピー博士がすっかりユルくなっちゃって要潤に吹きだしてるのが楽しかった」「要潤ってなんでこんなに最高なのだろう」とラブコールが殺到。

 調べを進めるうち、直継は気性が大変荒かった祖父の血(通称:鬼の血)と自分の血の遺伝子型が一致していることに絶望し自殺したことが判明する。「『お前には“鬼の血”が流れているから気を付けろ』と何度も忠告したのに…」と息子の死を悔やむ園川に紐倉は、「鬼の血が遺伝するかどうかなんて考え方はナンセンスだ」としたうえで、「遺伝子やデータなんかより先入観の方がよっぽど人間にとって危険だ」と熱く語る。この言葉に、SNS上では、「今の台詞、めっちゃ心に響いた…」「グッときた。泣きそう」と多くの反響が寄せられた。

 「人間の性格は遺伝子で決まるのか環境で決まるのか」という問題を真っ向から取り上げた第8話。特異体質に対する当事者の苦悩に希望をもてるアンサーを示した内容にSNS上では「色々と考えさせられる」「生きていく上で心に留めておきたいことだと感じた」といった声も上がっている。

最終更新:6/1(土) 12:10
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事