ここから本文です

制御装置、伝達に不具合か 横浜、シーサイドライン逆走事故

6/2(日) 18:57配信

共同通信

 横浜市の新交通システム「金沢シーサイドライン」の新杉田駅(同市磯子区)で自動運転の車両が逆走して車止めに衝突した事故で、運行を制御する自動列車運転装置(ATO)の地上側装置の記録に異常がないことが2日、運営会社への取材で分かった。車両側のATOとのやりとりで何らかの不具合が起きた可能性があるとみて、機器やシステムの異常の有無を調べる。

 運輸安全委員会の鉄道事故調査官は同日、現地で事故車両を調査。岩田信晴調査官は事故原因について「あらゆる可能性を考えて調査する。乗客から状況も聞きたい」と話した。神奈川県警磯子署は業務上過失傷害容疑を視野に捜査する。

最終更新:6/2(日) 21:56
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事