ここから本文です

たけし フライデー襲撃時「本人なら証明しろ」に電話で「コマネチ!」

6/2(日) 19:56配信

デイリースポーツ

 元衆院議員でタレントの東国原英夫(61)が2日、読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝」(後4・25)に出演し、1986年にビートたけし(72)が週刊誌FRIDAYに乗り込んだ「FRIDAY襲撃事件」について語った。

【写真】「たけしの娘」で話題の女子アナ カレンダーを手に笑顔

 東国原は事件について、「1986年12月8日未明のことです」と振り返った。ナレーションが流れ、概要を視聴者に伝えた。「当時、たけしさんが交際していた女性にFRIDAY記者が取材を申し込み、もみあううちに女性がけが。それを知ったたけしさんが激怒。東国原に電話をし、『殴り込みに行くから軍団を集めろ』と指示した」とまとめた。

 東国原は乗り込む前に「みんなでお酒を少しずつ飲んだ」と振り返り、「師匠が宣戦布告の電話をするんです。『これから行くぞ、編集長だせ』」と。すると編集部側は「夜中になんでたけしが電話してくるんだ。証明しろ」と問いただしたという。

 するとたけしは電話口で「コマネチ、コマネチ」と当時のギャグをやったという。これに共演者は大爆笑。陣内智則は「東さん。ちょいちょい、止めてください」と本当の話の中にネタを入れるのはやめてほしいとツッコミ。月亭方正も「ちょこちょこ入れるのやめて下さい」と“ネタ禁止令”を出した。

 東国原は「みんなに聞いて下さい。本当の話ですから」とネタではないと反論した。

最終更新:6/2(日) 21:20
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事