ここから本文です

復調の増田康宏六段 伊藤沙恵女流三段に快勝 八代弥七段と本戦かけ激突/AbemaTVトーナメント予選Cブロック

6/2(日) 21:10配信

AbemaTIMES

 持ち時間5分、1手につき5秒が加算される将棋の超早指し戦「第2回AbemaTVトーナメント」予選Cブロックの二位決定トーナメント1回戦(三番勝負)が6月2日に放送され、増田康宏六段(21)が伊藤沙恵女流三段(25)を2-0のストレートで下した。二位決定戦では、八代弥七段(25)と対戦する。

 ようやく増田六段のエンジンがかかってきた。一位決定トーナメントの1回戦で、ベテラン木村一基九段(45)に0-2でストレート負けした際には「かなりまずいです」と、自らの不調ぶりを口にしていたが、女流の強者相手にようやく自分を取り戻し始めた。1局目、果敢に攻め込んでくる伊藤女流三段に対し、本人にとっても「かなり難しい将棋だった」が、的確な対応で見事に逃げ切った。

 続く2局目に入ると、さらに調子は上向きに。伊藤女流三段の工夫を入れた序盤に対し「全く想定外だった」と戸惑いもあったが、その後は慌てず対応。巧みな切り返しで、75手の快勝を収めた。

 これで第1回大会に続き、2大会連続の本戦出場まであと1つ。全棋士参加の早指し棋戦で優勝歴もある八代七段との対決は、次世代の将棋界を占う好カードだ。「若手の強い方なんですけど、力を出し切って勝ちたいと思います」と語る増田六段の顔からは、連敗スタートで沈んだ時の雰囲気がまったく消えていた。

 敗れた伊藤女流三段のコメント 何もできずに終わってしまったので、そういった意味では悔しいですけど、全体的にこんなにたくさん棋士の先生と指すことができたので、うれしいですし、楽しかったです。(次回出場には)男性との対局を指せるのは、本当に女流棋士にとっては大きなご褒美なので、すごくありがたい機会ですから、一生懸命指したいと思います。

◆AbemaTVトーナメント 将棋界で初めて7つのタイトルで永世称号の資格を得る「永世七冠」を達成した羽生善治九段の着想から生まれた、独自のルールで行われる超早指しによるトーナメント戦。持ち時間は各5分で、1手指すごとに5秒が加算される。羽生九段が趣味とするチェスの「フィッシャールール」がベースになっている。1回の顔合わせで先に2勝した方が勝ち上がる三番勝負。予選A~Cブロック(各4人)は、三番勝負を2回制した棋士2人が、本戦への出場権を手にする。本戦トーナメントは8人で行われ、前回優勝者の藤井聡太七段、タイトルホルダーとして渡辺明二冠がシードとなっている。

最終更新:6/2(日) 21:10
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事