ここから本文です

演算機能を搭載したHDD/SSD「コンピュテーショナルストレージ」登場か

6/3(月) 8:00配信

TechTargetジャパン

 コンテナ技術が普及し、導入されていない場所を探すのが難しいほどだ。さらに、ハードドライブとコンテナ技術についてもSNIA(Storage Networking Industry Association)の技術ワーキンググループ「コンピュテーショナルストレージ」が研究中だ。

 ハードドライブにコンテナ技術を導入するというアイデアはシンプルに見える。ストレージ機器にはデータ管理タスクを処理するマイクロプロセッサが搭載されている。このマイクロプロセッサに処理能力と作業メモリを追加して、他のタスクを処理させてはどうだろうか。数年前までは困難だった。マイクロプロセッサは出荷後に再プログラミングできるように設計されていなかったからだ。だがコンテナ用のドックを追加することで、この作業が容易になる。

 もちろん注意すべき点は幾つかある。標準的なハードドライブはプロセッサリソースに余裕がない。複数のコンテナに対応するのは難しいかもしれない。M.2など小型の機器は、そもそもコンテナ自体に対応できない可能性がある。

 ストレージ業界に精通するSNIAの取締役ロブ・ペグラー氏と話していたとき、あることに気付いた。SNIAはコンピュテーショナルストレージの「コンピュテーショナル」の部分しか見ていないことだ。つまりストレージ固有のコンピューティングタスクにしか目を向けていない。

多数の処理を抱えるストレージ

 ストレージ固有のコンピューティングタスクは当初の想定よりも拡大している。データ圧縮、RAIDパリティーやイレージャーコードペアの計算などの明らかに関連のあるタスクはもちろん、ビデオの符号変換までもが含まれる。例えば「FFmpeg」(動画や音声を記録、変換、再生するフリーソフトウェア)などを使って、音声や動画を圧縮して格納するといったタスクだ。

 演算機能を備えたハードドライブが、同じPCIeサブシステムを利用する演算機能のないハードドライブにピアツーピア(P2P)サービスを提供することもできる。P2Pサービスによって、単一コンテナの制限に対処する方法が得られるかもしれない。そうすれば、各コンピュテーショナルストレージに一定の目的を持たせられるだろう。異なる処理能力を持った複数のハードドライブが、その能力をPCIe経由で共有できる可能性もある。

 インテリジェントで処理能力のあるハードドライブは実在する。具体的には、Eideticom(Eidetic Communications)、NETINT Technologies、NGD Systems、ScaleFluxが提供している。だがペグラー氏が警告するように、標準化の作業は継続中で、エコシステムの育成は不十分だ。コンピュテーショナルストレージは分散型の処理なので、オーケストレーションが欠かせない。ストレージ関連のアプリケーションは、オーケストレーションを活用するための調整が必要になる。「ソフトウェア業界が丁寧なガイドを提供することを期待している」とペグラー氏は言う。

1/2ページ

最終更新:6/3(月) 8:00
TechTargetジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ