ここから本文です

フィエールマンはルメール騎手で札幌記念、その後は凱旋門賞へ

6/3(月) 22:39配信

netkeiba.com

 4月28日の天皇賞・春(GI・京都芝3200m)を制したフィエールマン(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)は、引き続きクリストフ・ルメール騎手鞍上で、8月18日に行われる札幌記念(GII・札幌芝2000m)へ向かうことがわかった。所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。

【写真】フィエールマンこれまでの軌跡

 フィエールマンは父ディープインパクト、母リュヌドール、その父Green Tuneという血統。札幌記念のあとは、すでに一次登録のある凱旋門賞(10月6日・G1・パリロンシャン芝2400m)を目標に調整が進められ、その舞台でもルメール騎手が手綱を取る予定となっている。

最終更新:6/3(月) 22:39
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ