ここから本文です

<我が家・坪倉>俳優オファー相次ぐ理由 「アンナチュ」「わた定」Pに聞く

6/4(火) 7:20配信

まんたんウェブ

 お笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸さんのドラマ起用が続いている。「アンナチュラル」「下町ロケット」(ともにTBS系)で存在感を発揮し、今クールでは、吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(同局系、火曜午後10時)で、内田有紀さん演じるワーキングマザーの優しい夫を演じているほか、原田知世さんと田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系、日曜午後10時半)にも出演と、ついに連ドラを“掛け持ち”。SNSでは「坪倉がいい脇役なんだよな」といった声も上がっている。「アンナチュラル」「わたし、定時で帰ります。」で坪倉さんを起用した新井順子プロデューサーに、坪倉さんの俳優としての魅力を聞いた。

【写真特集】坪倉、内田有紀との“夫婦ショット” 可愛い双子の赤ちゃんを抱っこする写真も!!

 ◇「アンナチュラル」で、過労死した父親を好演

 坪倉さんは、1977年9月9日生まれ、神奈川県出身。2003年に、坪倉さん、杉山裕之さん、谷田部俊さんによるお笑いトリオ「我が家」を結成。ボケとツッコミを順番に入れ替える「ローテーション漫才」などのコントで人気を博した。

 新井さんは、「最初に坪倉さんを知ったのは、『天皇の料理番』(TBS系、2015年)に出演されているときに『このお芝居のお上手な人は誰だろう!』と気になって調べたのがきっかけでした」と振り返る。「アンナチュラル」で初めて父親役を演じた坪倉さんの印象については、「優しく温かな雰囲気の父親役が印象的で、今回キャスティングをしているときにすぐに顔が浮かび、オファーしました」と明かす。

 「アンナチュラル」の第4話では、過労からくるバイク事故によって、妻と子供を残して命を落とした製菓工場の従業員を演じた坪倉さん。SNSでは、「私の中で坪倉さんはいつまでもアンナチュラル第4話の過労で事故死しちゃったお父さんなんだよなぁ」といった声がいまだに上がるなど、視聴者に強烈な印象を残している。

 ◇役者としての魅力は「受けの芝居」

1/2ページ

最終更新:6/4(火) 19:54
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事