ここから本文です

「アイネクライネナハトムジーク」上海映画祭のコンペ出品、監督・今泉力哉はワクワク

6/3(月) 17:00配信

映画ナタリー

今泉力哉の監督作「アイネクライネナハトムジーク」が、第22回上海国際映画祭のコンペティション部門に正式出品されることがわかった。

【動画】「アイネクライネナハトムジーク」予告編(メディアギャラリー他3件)

中国・上海で6月15日から6月24日にかけて行われる同映画祭。今回、コンペティション部門に選出された日本映画は本作のみとなる。映画祭の正式上映にあわせて渡航が決まっている今泉は「コンペティション部門に選んでいただき、とても光栄です。アジアの映画祭に参加することも私自身、初めての経験でワクワクしています。観客のみなさんが『佐藤』とその周辺の市井の人たちの<出会い>についての物語と、どう<出会う>のか。今から楽しみにしています。やったね」と心境を語った。

9月20日より全国公開される「アイネクライネナハトムジーク」は、“劇的な出会い”を待つだけの男・佐藤を軸にしたラブストーリー。三浦春馬が佐藤を演じたほか、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、萩原利久、貫地谷しほり、原田泰造がキャストに名を連ねる。本作のロケ地である宮城県では9月13日より先行上映が行われる。



(c)2019「アイネクライネナハトムジーク」製作委員会

最終更新:6/3(月) 17:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事