ここから本文です

macOS Catalina、今秋登場 iPadを液タブに使えるSidecar機能も

6/4(火) 4:22配信

ITmedia NEWS

 今秋リリースされるmacOS 10.15の名称はCatalinaとなることが、WWDC 2019で発表された。

【その他の画像】

 元々はMP3プレイヤーだったが機能が肥大化したiTunesは解体され、ポッドキャスト、Apple TV、ミュージックアプリにそれぞれの機能が振り分けられた。

 CatalinaではiPadを外部ディスプレイとして使えるSide-car機能により、タブレット対応アプリは、iPadとApple Pencilの組み合わせでタブレットとして使うことができる。

 Project Catalystにより、iPhone、iPadと同様にMac対応のネイティブアプリをXcodeで作ることが可能になった。

 ARではRealityKitを導入し、フォトリアリスティックなレンダリングがサポートされている。ARKitはバージョン3に進化し、全身モーションキャプチャも可能にした。

 Minecraft開発元であるMojangの開発担当者が登壇し、AR対応のMinecraftで自身がMinecraft作品内に入り込むMinecraft Earthのデモを行い、喝采を浴びた。

 開発環境においては、SwiftのためのUIフレームワークとしてSwiftUIを発表。これによりコードが大幅に削減されるという。

ITmedia NEWS

最終更新:6/4(火) 15:18
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ