ここから本文です

キム・ヨナ「以前の姿見せる」 ソウルでアイスショー出演へ

6/4(火) 18:06配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子金メダリストのキム・ヨナさんは4日、ソウルのオリンピック公園で行われた記者会見で、6日から開かれるアイスショーについて、「以前と同じような演技を見せることができると思う」と述べた。

 また「昨年は出演決定が遅れたために準備期間が短く、多くのことをお見せすることができなかった」とし、「今年は準備しながら若干の緊張を感じるほど、一生懸命に準備した」と説明した。

 キム・ヨナさんは14年のソチ五輪に出場し、同年開かれたアイスショーに参加した後引退した。昨年、4年ぶりにアイスショーに出演しファンに演技を披露した。

 昨年のアイスショーでは「特別出演者」として1演目だけを披露したが、今回の公演では正式な出演者として新プログラム「Variations on Dark Eyes」と「Issues」の2演目を披露する。

 キム・ヨナさんは「技術的な面よりも芸術的な面を強調した」とし、「現役時代はプログラムを決めるのに制約が多かったが、今回は自由にプログラムを組んだ」と話した。

 今回の公演には宇野昌磨や米国のネーサン・チェンなど有名選手が多数出演する。

 公演は「Move me」をテーマに6日から8日まで同じ場所で開かれる。多くのトップ選手の振り付けを担当してきたデビッド・ウィルソン氏とサンドラ・ベジック氏が演出した。

最終更新:6/4(火) 18:06
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ