ここから本文です

阪神・巨人、紫綬褒章受章後初のNGKで祝福の大拍手

6/4(火) 13:47配信

デイリースポーツ

 漫才コンビのオール阪神・巨人が4日、紫綬褒章を受章後初めて、本拠地の大阪・なんばグランド花月でネタを披露した。

【写真】復帰舞台でブランクを感じさせなかった阪神・巨人

 夢路いとし・喜味こいし、宮川大助・花子に続いて、上方漫才3組目の栄誉に輝いた2人。オール巨人(67)が「ここ2、3カ月いろいろありまして…」と切り出し、相方・オール阪神(62)の脳梗塞(こうそく)での療養&復帰に触れた後、「紫綬褒章をいただきまして」と口にすると、客席から大きな拍手が起こった。

 巨人は5月30日の東京での伝達式では黒く染めた頭髪を、金髪に戻して登場。完全復活した阪神も「(いただいたのは)勲章とお金、3000万円です」などと“受章ジョーク”を飛ばした。5月の受章会見で巨人が「本当に僕らは劇場をむちゃくちゃ大事にする」と話していた通り、若々しい全力のネタで“ホーム”を大いに沸かせた。

最終更新:6/4(火) 14:15
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事