ここから本文です

世界で最も多い病気は「むし歯」! 日本で足りないのは、歯みがき? 砂糖制限? フッ化物(フッ素)?

6/4(火) 6:04配信

BuzzFeed Japan

世界一多い病気「むし歯」は、日本でも約4000万人が治療が必要

世界で一番多い病気が何か、ご存知でしょうか?

いろいろな定義はあるでしょうが、最近では世界保健機関(WHO)が各国の研究機関と合同で実施している「世界の疾病負担研究」のデータが多く活用されています。

そしてその研究が示す最も多い病気は、大人の歯(永久歯)の治療されていないむし歯なのです(1)。約3人に1人が治療が必要なむし歯を持っているとされていますが(2)、実はこれは日本でも同様です。

図1に示すように、20歳を超えた大人では30%以上の人が未治療のむし歯を持っていることが分かります。ここから約4000万人の日本人がむし歯の治療が必要だと推計されます(3)。

このように多いむし歯ですが、1970年代に比べて減っていることから「むし歯は減った」というイメージが強く、対策が十分になされておらず、科学的な知識の普及も日本では遅れています。減ったのは事実ですが、他の病気に比べたら多く、日常の不便や痛みに苦しんでいる人は多く、国全体の医療費も高くなる病気です。

6月4日から歯と口の健康週間(10日まで)が始まります。身近なむし歯の知られざる実態をお伝えします。
【寄稿:相田潤・東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野准教授】

むし歯と砂糖の国際比較から見える意外な関係

むし歯の原因としてまず思い浮かぶのが、甘い食べ物や飲み物、砂糖、ですね。当然ながら砂糖は大きな原因です。

しかし、図2をご覧ください。これは、国別の砂糖消費量(ジュースやお菓子からの砂糖を含む、1年間の1人平均消費量 kg)と12歳児の平均むし歯本数を示しています。日本人は砂糖消費量は非常に少ないのですが、むし歯は必ずしも少なくはありません。

海外のお菓子やデザートがとても甘かったり、ペットボトルの緑茶に砂糖が入っていたりして驚いたという経験をお持ちの方は多いかと思います。

しかし、そうした国よりも日本人の方がむし歯が多い可能性があります。砂糖摂取を減らすのはとても大事ですが、むし歯にとっては、砂糖以外の要因も影響している、というのがこのグラフから感じ取れると思います。

1/5ページ

最終更新:6/4(火) 6:04
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ