ここから本文です

現金3千万円入ったケース奪う さいたま地検、強盗容疑で逮捕の男性2人を不起訴 理由は明らかにせず

6/4(火) 7:20配信

埼玉新聞

 埼玉県の松伏町と草加市で昨年2月、現金3千万円を奪うなどしたとして男4人が逮捕された事件で、さいたま地検は3日までに、草加市のリサイクル店経営の男性(47)と茨城県常総市の配管工男性(33)を不起訴処分にした。5月30日付。裁定主文や処分理由は明らかにしていない。

暴力団に人違いで襲われたか…組員ら6人逮捕 路上で男性に殴る蹴るの暴行、現金奪い監禁の疑い 男性打撲

 2人は昨年2月28日、松伏町の工場敷地内で、貴金属買取会社の男性社員から現金3千万円の入ったスーツケースを奪うなどしたとして、今年3月に強盗容疑で県警に逮捕されていた。

 草加市の男性は昨年2月17日、草加市で別の買取会社の男性社員から伝導率測定器1台を奪ったなどとして、強盗致傷容疑で逮捕されていた。

 千葉県松戸市の被告(55)はすでに強盗容疑で起訴されており、3日までに強盗致傷罪では不起訴処分となった。

最終更新:6/4(火) 7:20
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事