ここから本文です

「”お金があるから引きこもろう”と思う人はまずいない」元農水次官による長男殺害事件、元当事者の見方は

6/4(火) 15:41配信

AbemaTIMES

 「身の危険を感じ、周囲に迷惑がかかると思い殺した」。農林水産省の元事務次官・熊沢英昭容疑者が44歳の長男・英一郎さんを殺害した事件。自宅からは“長男を殺す“などと記された書き置きが見つかっているという。

 警察の調べに対し熊沢容疑者は、英一郎さんが家庭内で暴力を振るっていたと供述、さらに「川崎市登戸の事件が頭に浮かび、同じようにならないように考えた」という趣旨の供述もしているという。犯行当日、近くの小学校では運動会が行われており、“音がうるさい“と長男と口論になっていたとみられている。

 ひきこもりがちだったという英一郎さんは、オンラインゲーム上では多くの人に認知される存在で、本人のものとみられるTwitterには「2ちゃんのニートちゃん達へ 2018年5月の支払い予定分のご利用明細合計323,729円 これが今月の私のクレカの支払額だ 君達の両親が必死で働いて稼ぐ給料より多いんだよ(去年6月)」と投稿。

 また、父親である熊沢容疑者を自慢するような「立場を弁えなさい!!!庶民が私の父親と会話なんか出来る訳無いでしょうが!!!」「私は、お前ら庶民とは、生まれた時から人生が違うのさw」となどと投稿。その一方、母親に関しては「だから中2の時、初めて愚母を殴り倒した時の快感は今でも覚えている」「もし殺人許可書とかもらったら真っ先に愚母を殺すな(2014年10月)」と投稿していた。

 30年以上から“ひきこもり“という言葉を提唱、不登校問題などに取り組んできた精神科医の斎藤環氏は「ネットが普及して以降、ひきこもりの人のライフスタイルが変わったということはそれほどないと思う。そもそも、あまり人とつながろうとしている人が少ないので、私が見ている中ではゲームか動画か掲示板という感じだ。ゲームのヘビーユーザーもそんなにいないという印象を持っていて、そこそこ使っている人で5割~6割ぐらい。残りの人は何をしているかというと、部屋でぼーっとしていたり、横になったりとという人が多い。そんな中、今回は例外的なヘビーユーザーだという印象がある。ゲームに月32万円も課金していたということだが、私の経験では珍しい」と話す。

 さらに「Tweetの内容について、すごく自己中心的で傲慢な印象を受けるかもしれないが、そもそもSNS上はマウンティング合戦をするところなので、これは基本的な、デフォルトの書き方。本人がこの通りに考えていた可能性は低いと考えられるし、むしろ自虐というか、“親の金をこんなに使って暮らしている情けない状態だ“という自暴自棄な印象がある。もう一つ、長く引きこもっている方の何割かにみられる考えだが、彼も間違いなく自分の状況について不本意だと感じていたと思うが、その原因は親のせいだという考え方をしていた可能性も感じられる。官僚のお父さんとは接点が少なかったと思うし、“立派な父親にとても及ばない自分“というような、ある意味で抑圧をすごく感じていたのではないか。そんな劣等感を感じつつも、人には半ばギャグとして“庶民ども“みたいな感じで父親を崇めたり、自慢したいといった屈折した意識を感じるところがある。一方、お母さんとは接点が多い分だけ恨まれやすいポジションにあったと思う。現状から遡って恨みを買うことはよくあるので、そういう可能性はあったと思う」と分析した。

1/2ページ

最終更新:6/4(火) 15:41
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事