ここから本文です

羽生善治九段、史上最多1434勝に「ここ最近の方が、たくさん課題がある」将棋界の第一人者が新たな大記録/会見一問一答

6/4(火) 20:28配信

AbemaTIMES

 将棋の羽生善治九段(48)が6月4日、王位戦挑戦者決定リーグ・白組のプレーオフで永瀬拓矢叡王(26)に勝利し、歴代単独1位となる通算1434勝目を挙げた。通算成績は1434勝591敗2持将棋(引き分け)、勝率.708。1985年12月のプロデビュー以来、33年半で、タイトル通算99期やタイトル七冠独占に並ぶ、新たな大記録を樹立した。対局後に行われた会見では「1つの目標として、今年はそれを目指してやっていこうと思っていました」と心境を語った。

-最多勝を達成した気持ちを教えていただけますか。

 今年に入ってから、記録に少しずつ近づいているのは気がついていたので、1つの目標として、今年はそれを目指してやっていこうと思っていました。大山(康晴)先生の時代と、今の時代と、棋戦の数も時代背景も違うので、比較するのは難しいと思うのですが、数字の上では、1つ先に行けたというのは、棋士として大変ありがたいと思っています。

-王位戦においては挑戦権獲得まであと1勝、タイトル100期という大きな数字もその先にあります。タイトル挑戦に向けてのお気持ちは。

 最近は非常に若手で強い人がたくさんいる状況ですので、なかなかタイトル戦に出るというのも容易なことではないと思っています。今回の王位戦は、ここまで進むことができたので、2日後の対局に集中をしてひのき舞台に出られるように頑張っていきたいと思います。

-大山十五世名人と比べてどのくらいまで来たと思いますか。

 10代の時に大山先生がちょうど晩年で、何局か公式戦で顔を合わせることがあったんですが、60代の後半でも、棋譜で見た昔の強さと違わないような、迫力というものがありました。で、私自身はまだまだ領域といいますか、そういうところまではまだまだ行ってないと思いますので、息長く活躍できるようにがんばっていかないといけないなと思っています。どれぐらいまで来たというのは、本当にそういう状態になれば実感できるかもしれないですが、今のところはあまり手応えというものはないです。


-師匠の二上達也九段について思うことはありますか。

 入門したのは、11歳の時ですから、もう30数年前。かなり昔のことになるんですが、当時は将棋の世界の情報が少なかったということもありますので、奨励会に入っても、どういう師匠に入ればいいのかとは、まったくわからなかった。たまたまそういう機会があって、師匠の弟子になることができて。将棋の世界に入って、だいぶ後になってから、これはすごく幸運だったのではないかと、だいぶ時間が経ってから実感しました。

-勝負に対しての執念と集中力はどういったところから。

 将棋は基本的に一手間違えるとすぐに逆転してしまうことが非常に多いもの。形勢がいい時も油断はできないですし、悪い時も最善を尽くしていって、チャンスを待つという姿勢は大事なのかなと。プロ同士の対局では、そんなに簡単に逆転することはないと思うのですが、毎局毎局、根気強くやっていくことは、一応心がけています。それがその、自分自身の強さになっているかどうかは、ちょっとわからないです。

1/2ページ

最終更新:6/4(火) 20:34
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事