ここから本文です

夫婦の家事分担、「2人それぞれの収入額」で家事の割合を決めるのって当たり前?

6/4(火) 11:00配信

LIMO

お互いが納得するための改善策

家事分担を決めるにあたり、お互いが納得した結果に導くために「家事のチェックリスト」を作成してみましょう。ポイントは「ゴミ捨て」とざっくりした表記をするのではなく、「ゴミ箱からゴミを集める」「ゴミ箱に新しいゴミ袋をセットする」「ゴミ捨て場に持っていく」と細かく書いておくことです。

これなら、「夫がゴミ捨て場にゴミを持っていくだけで、自分はゴミ捨ての担当をしていると思い込んでいる」という不満を防ぐことができます。まずは夫からは見えにくい家事を可視化して、夫が把握していない家事の存在に気付いてもらいましょう。

そのあとは、「これなら自分ができそう」「ここまでは私がする」と具体的な分担を決めていきます。細かく分かれたチェックリストをもとに進めていくと、よりスムーズに話し合うことができるでしょう。

まとめ

共働き世帯が増えつつあるにも関わらず、家事分担にまつわる議論はたびたび登場します。とはいえ、「収入が少ないから」「相手のほうが稼いでいるから」という理由で「家事は片方だけがしないといけない」と言い切れるものでもありません。

夫婦なら、お互いサポートしながら過ごしていきたいもの。相手の状況を踏まえつつ、お互いで協力して家事を分担してみてはいかがでしょうか。

LIMO編集部

2/2ページ

最終更新:6/4(火) 11:00
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事