ここから本文です

楽天ペイ、アプリで「Suica」の発行・チャージに対応 楽天ポイントも付与 来春から

6/5(水) 16:07配信

ITmedia NEWS

 楽天ペイメントと東日本旅客鉄道(JR東日本)は6月5日、キャッシュレス決済の分野で協業し、「楽天ペイ」アプリ内で「Suica」の発行とチャージができるサービスを2020年春に始めると発表した。Suicaのチャージ額に応じて楽天ペイのユーザーに「楽天スーパーポイント」を付与し、相互利用を促進する。

【画像】「楽天ペイ」アプリ内で発行した「Suica」

 20年春時点では「おサイフケータイ」機能を持つAndroid端末のみ対応予定。iOS端末への対応は追って検討する。交通費の支払いと加盟店での購買のみ可能で、定期券や「Suicaグリーン券」の発行はできない。その他の機能追加は、ユーザーのニーズを踏まえて検討する。

 楽天ペイメントは、移動・通勤・通学シーンでのアプリ活用を促進する狙い。キャッシュレス市場全体をさらに活性化し、決済手段として定着させる目的もある。JR東日本は、Suicaのさらなるユーザー増と利便性向上を目指す。

 楽天ペイメントの中村晃一社長は、日本政府が25年までにキャッシュレス決済の比率を現行の20%から2倍に引き上げる目標を掲げていることに触れ「比率を倍にするのは並大抵のことではない。当社は(市場の)小さなパイを奪い合うのではなく、先人が敷いたインフラを最大限に活用して(業界を)盛り上げる」と宣言した。

 JR東日本の野口忍常務執行役員(IT・Suica事業本部長)は「圧倒的な顧客基盤とプラットフォームを持つ楽天(ペイメント)との提携によって、交通利用だけでなく、買い物でもSuicaを使うユーザーを増やしたい」と意気込んだ。

ITmedia NEWS

最終更新:6/5(水) 16:07
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ