ここから本文です

同居翌日「俺の人生は何なんだ」叫びながら激しい暴行 元農水次官に 長男殺害事件

6/5(水) 19:45配信

毎日新聞

 元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が長男を殺害したとされる事件で、熊沢容疑者が事件6日前に長男から激しい暴行を受けたと供述していることが捜査関係者への取材で判明した。長男は東京都練馬区の実家に戻った直後で、警視庁練馬署は経緯を慎重に調べている。

 捜査関係者によると、長男の英一郎さん(44)は都内の別の場所に住んでいたが、5月25日に本人から「帰りたい」と電話があり、その日のうちに実家に戻って両親と同居を始めた。だが、翌26日には「俺の人生は何なんだ」と叫びながら熊沢容疑者に対し激しい暴力をふるったと、熊沢容疑者は説明しているという。熊沢容疑者は「長男は仕事もなく、部屋にこもることが多かった。妻も暴力を受けていた」と供述。英一郎さんは1階和室に布団を敷いてゲームで遊ぶ一方、両親に対して暴力や暴言を繰り返していたという。

 捜査関係者によると、英一郎さんの暴力は都内の私立中学に通っていたころ始まったという。最初は母親が、続いて熊沢容疑者も暴力を受けるようになった。英一郎さんは中高一貫の私立校を卒業後、私立大に入学したが中退して専門学校に通った。その後に別の私立大、さらに大学院にも通い、就職した時期もあった。

 事件は1日午後3時半ごろ、熊沢容疑者が110番して発覚。この数時間前、小学校の運動会の音に腹を立てた英一郎さんと口論になったという。熊沢容疑者は川崎市で児童ら20人が殺傷された事件に触れ「長男も人に危害を加えるかもしれないと不安に思った」という趣旨の供述をしている。【山本佳孝、土江洋範、最上和喜】

最終更新:6/5(水) 19:51
毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事