ここから本文です

広島・曽根がアクシデントで交代 バント試みるも、投球が左手を直撃

6/5(水) 20:54配信

デイリースポーツ

 「交流戦、西武-広島」(5日、メットライフドーム)

 広島・曽根がアクシデントに見舞われ、途中交代となった。

 八回、1死一塁。バントを試みたが、投球が左手指を直撃。打球は投前へ転がり、曽根は痛がりながらも歯を食いしばって一塁へ走った。

 ボールは二塁へ送球され、一走はホースアウトの判定が下されたが、その後、投球が曽根の手に当たっていたとしてボールデッドとなり、走者は戻され、曽根は打ち直しとなった。だが、プレー続行は不可能となり、代打長野が送られた。

最終更新:6/5(水) 21:09
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(水) 12:55

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい