ここから本文です

5日(水)夕方に月と火星が接近

6/5(水) 10:47配信

ウェザーニュース

いつ・どこに見える?

 6月5日(水)の夕方から夜にかけて、西北西の低空で月齢2の細い月と火星が接近して見えます。

 日の入り1時間後の高度は10度前後とかなり低いので、見晴らしの良いところで眺めてみてください。

 次回の月と火星の接近は、7月4日(木)です。

気になる天気は?

 5日(水)は、上空の寒気や低気圧の影響を最も受ける北日本は雲が厚く、天気の面から観測は厳しい条件になります。

 西日本や東日本も大気の状態が不安定で、午後は内陸部を中心に雲が発生しそうです。

 夜になると雲は少しずつ解消に向かうため、月が沈むのが早いか、雲が少なくなるのが早いかのせめぎ合いとなります。

 空の様子をチェックしつつ、雲が少なければ西北西の低い空に注目です。

ウェザーニュース

最終更新:6/5(水) 10:47
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事