ここから本文です

亀田興毅「ボクシングファンを裏切ることはできない」、那須川天心との一戦を前に本心を告白

6/5(水) 8:53配信

AbemaTIMES

「ボクシングファンを裏切ることはできない――」

 22日、「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」のスペシャルマッチで、キックボクシングISKA世界フェザー級王者の那須川天心と対戦する元ボクシング世界三階級王者の亀田興毅が、いま、胸に湧き上がる思いを静かに告白。2日に行われた「RIZIN.16」。そのメインイベントでマーティン・ブランコ(30・アルゼンチン)を2RKOで破って新王者となり、キック三冠を達成した那須川に対して、自身のインスタグラムで「完全粉砕」宣言を行った亀田だったが、その派手な言葉、トレードマークでもある“亀田節”とは裏腹に、いま胸に去来するのは「ボクシングファンへの思い」だった。

 またボクシングを本職とした亀田は、キックボクシングを主戦場とする那須川に対して敬意を払いつつも「ボクシングの厳しさを教える」とかねてから口にしている。その言葉には「勝手にボクシング界を背負ってリングに上がろうと思っているわけだから、元三階級制覇のチャンピオンとして情けない試合はできない」という強い気持ち。さらに自身が今まで築き上げてきたものを“すべて失ってしまう”かもしれないという怖さやリスクがあり、それゆえの決意の大きさもうかがえる。

「ボクシング界に失礼なことはできない」

 そう続けた亀田は、2日に那須川の試合を観た感想として「これからの格闘界を背負っていくファイターなんだというカリスマ性を感じた。そういったファイターともう一度拳を交えることができるのは光栄なこと」と語っている。その一方、4日の公開スパーリングにおいて「体脂肪8%の増量ボディで」「天心くんを葬り去る」など、“らしさ”で期待に応えるあたりはさすがでもある。

 ボクシングファンへの思いとは別に、今回の一戦に向けて亀田が口にしたことがある。それはボクシング業界の未来だ。

「僕はボクシングを盛り上げたい。今、ボクシング業界は人口がどんどん減っている。世界チャンピオンでもアルバイトしなければいけない状況だったり、全国のボクシングジムも経営が厳しいなど、様々な問題に直面している。今回の一戦で僕が『ボクシングってかっこいい』、『素晴らしいスポーツだ』というのを見せていきたい。自分がカッコいい姿で戦って、これからの時代の子に『ボクシングカッコいいな、おもしろいな』って見せられたらいい」

 亀田興毅にとってキックボクシング界の”神童“・那須川天心との一戦は、お世話になったボクシング界、さらにボクシングファンへの恩返しの場でもある。

最終更新:6/5(水) 17:32
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事