ここから本文です

「猛スピードで突入」惨事に声震わせる歩行者 福岡で多重事故 車持ち上げ救出も

6/5(水) 8:57配信

西日本新聞

 「逆走した車が、猛スピードで交差点に突っ込んだ」。福岡市早良区の交差点で4日発生した多重衝突事故。2台の車は人通りの多い歩道に乗り上げ、割れたガラスや車の部品が散乱した。通行人は力を合わせ、ひっくり返った車に閉じ込められた人たちを懸命に救出した。家路を急いでいた歩行者は、目の前の惨事に声を震わせた。

【動画】猛スピードで道路を走る車

 近くのファミリーレストランで食事をした帰りだったスポーツトレーナーの佐藤美代さん(39)=同区=は「ドーン」「ガシャン」という大きな音を聞いて駆け付けた。現場には「キャー」という女性の悲鳴が響いた。学習塾などが面する歩道には乗用車がひっくり返り、道路上にも衝突されたとみられる車が停車。1台の車には男性2人が閉じ込められていた。通行人が次々と集まり、力を合わせて車を持ち上げ、2人を助け出したという。「男性は頭から血を流していた。『助けなきゃ』という一心でした」

 現場の交差点では大勢の人が信号待ちをしていた。会社員松尾美紀さん(39)も、車が横転しながら歩道に突っ込んでいく様子を目の当たりにした。車の下敷きになった男性が「助けてくれ」と叫び、男性の元には、学習塾からタオルやはさみを持った人々が駆け付けた。「『大丈夫ですよ』と声を掛けながら、20人くらいで助け出していた」と状況を語った。

 目撃した男性(64)によると、逆走した乗用車に乗っていた高齢の男女は意識がなく、心臓マッサージを受けていた。小学校高学年くらいの女児と母親とみられる女性が乗っていた車も事故に巻き込まれたとみられるが、2人とも意識がはっきりしており、自力で歩いていたという。

 飛んできた破片に当たって流血した歩行者もいた。現場近くの飲食店「博多めんちゃんこ亭」のアルバイト女性(21)は「雷が落ちたような音だった。店の隣の柱に車が衝突していて、あと数センチでうちの店に突っ込んでいた」とおびえた様子で話した。

 帰宅途中だった男性会社員(40)は「現場の交差点は普段から運転が荒い車が多く、日頃から気を付けていた」。60代の主婦は「また高齢者が絡んだ事故でしょうか。怖いです」と話した。

西日本新聞社

最終更新:6/5(水) 16:02
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事