ここから本文です

5日午後は雷雨注意 6日は熱中症注意 週末は大雨おそれ

6/5(水) 12:07配信

ウェザーマップ

 きょう5日午後は、東日本や東北で天気急変のおそれがある。あす6日(木)は晴れる地域が多いが、西・東日本では暑さに対して注意が必要となりそうだ。

 東日本や東北は上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定となり、5日夜遅くにかけて、広い範囲で雷を伴った激しい雨が降る見込み。特に、関東甲信は夕方にかけて、局地的に1時間50ミリの非常に激しい雨の降るおそれがある。低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、土砂災害に注意・警戒が必要だ。

6日 熱中症に注意

 6日は東日本や東北の天気も回復して全国的に晴れるが、日中は西・東日本の内陸を中心に気温が高くなりそうだ。30℃以上の真夏日となる所が多く、関東の内陸、甲信、近畿などで厳しい暑さが予想される。

<6日の予想最高気温>
 33℃ 熊谷(埼玉)、秩父(埼玉)、甲府、
    京都、山口、日田(大分)
 32℃ 前橋、さいたま、岐阜、岡山など
 31℃ 東京、横浜、名古屋、大阪など
 
 意識的に休息や水分補給を心掛けるなど、熱中症に対して注意が必要だ。

7日(金)以降 雨強まる地域も

 大陸方面で新たに前線がはっきりして西日本に近づくため、西から雨の範囲が広がる見通し。湿った空気が流れ込む西日本を中心に雨が強まり、大雨となるおそれもある。7日午後は東海、夕方以降は東京など関東にも雨の範囲が広がり、8日(土)午前にかけては東日本の太平洋側で本降りの雨となりそうだ。
 その後、来週前半にかけても東日本を中心に、曇りや雨の日が多い予想となっている。このため、7日から8日の雨天が、梅雨入りの発表に結び付く地方があるかもしれない。
(気象予報士・高橋和也)

最終更新:6/5(水) 12:15
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ