ここから本文です

園児の個人情報が入ったUSBメモリー紛失 保育士が作業のため外に持ち出す 岡山・瀬戸内市

6/5(水) 17:44配信

KSB瀬戸内海放送

 瀬戸内市の保育園で、園児の名簿などが入ったUSBメモリーを紛失したことが分かりました。

 瀬戸内市立今城保育園で5月18日、20代の女性保育士が保育に必要な書類を自宅で作成するため、USBを持ち帰ったところ紛失していることに気が付きました。

 瀬戸内市によると、保育士は2日後に園長に報告。複数の職員で園内を探しましたが見つからず、6月3日に園長から市に報告があったということです。
 
 紛失したUSBには保育計画などに加えて土曜保育の利用者名簿があり、園児61人分の氏名が入っていました。市では園所有のUSBを外部に無断で持ち出すことを禁止しています。

 瀬戸内市の武久市長は「職員に対し、個人情報の取り扱いについての教育・指導を徹底し、再発防止に努めてまいります」とコメントしています。

最終更新:6/5(水) 17:44
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事