ここから本文です

西武山川100本塁打、広島20勝、ヤクルト16連敗…5月に達成された主要な記録

6/5(水) 7:30配信

Full-Count

ロッテ角中は独立リーグ出身で初の1000試合出場&1000安打

 5月も両リーグで様々な記録が達成された。

【打撃成績】

○1000試合出場
角中勝也(ロ)2019.5.25 ソフトバンク戦
「6番・左翼」で先発 498人目

【動画】ミスターと松井秀喜氏の密室の素振りに呼ばれたことのある元スコアラー… その中で起きていた出来事とは?

○1500安打
青木宣親(ヤ)2019.5.22 阪神戦
7回、藤川球児から 126人目

○1000安打
T-岡田(オ)2019.5.8 日本ハム戦
5回 金子弌大から 296人目

角中勝也(ロ)2019.5.11 ソフトバンク戦
6回 千賀滉大から 297人目

藤田一也(楽)2019.5.14 日本ハム戦
6回 有原航平から 298人目

○250本塁打
松田宣浩(ソ)2019.5.3 楽天戦
1回 釜田佳直から 63人目

○100本塁打
秋山翔吾(西)2019.5.2 日本ハム戦
7回 西村天裕から 289人目

鈴木誠也(広)2019.5.5 巨人戦
1回 山口俊から 290人目

山川穂高(西)2019.5.12 日本ハム戦
3回 バーベイトから 291人目

青木宣親(ヤ)2019.5.17 DeNA戦
4回 今永昇太から 292人目

○200盗塁
大島洋平(中)2019.5.24 ヤクルト戦
5回 二盗 76人目

 ロッテの角中勝也が1000試合出場と1000安打。独立リーグ出身ではいずれも初めて。ヤクルトの青木宣親は、通算1156試合目と史上最速の1500安打。現時点で、NPB史上最高打率をキープしている。ソフトバンク松田宣浩は、ホークスでは5人目の250本塁打となった。

 西武の山川穂高は通算321試合目と日本人選手最速で100本塁打を記録。広島の鈴木誠也は24歳8か月で100本塁打。これは1995年・江藤智の25歳0か月を上回る球団最年少記録。中日の大島洋平は、中日では5人目の通算200盗塁に到達した。

巨人菅野は1000奪三振、広島は20勝でヤクルトは16連敗…

【投手成績】

○1000奪三振
菅野智之(巨)2019.5.1 中日戦
7回 平田良介から 148人目

 巨人のエース菅野は1126回で1000奪三振。巨人では上原浩治の1111回に次ぐ2番目のスピード記録。

【リーグ記録】

○セントラル・リーグ通算5万号本塁打
福留孝介(神)2019.5.5 DeNA戦
9回 三嶋一輝からサヨナラ本塁打

 ちなみにパ・リーグは7月にも5万号が出ると思われる。

○チーム連敗記録
ヤクルト 16連敗 史上2位タイ

1位 18連敗 ロッテ(1998年)
2位 16連敗 ヤクルト(1970年)
2位 16連敗 ヤクルト(2019年)
4位 15連敗 中部日本(1946年)
4位 15連敗 南海(1969年)

 チーム記録、セ・リーグ記録に並んだ。

○チーム月間勝利数
広島が20勝(4敗)

▽20勝以上を挙げたチーム
中日 1954年8月 21勝4敗0分 勝率.840/シーズン1位
巨人 1953年9月 21勝5敗0分 勝率.807/シーズン1位
西武 2002年8月 21勝5敗0分 勝率.807/シーズン1位
大毎 1960年6月 20勝3敗0分 勝率.870/シーズン1位
広島 2019年5月 20勝4敗1分 勝率.833
巨人 1967年8月 20勝5敗0分 勝率.800/シーズン1位
横浜 1997年8月 20勝6敗0分 勝率.769/シーズン2位
阪急 1973年8月 20勝7敗0分 勝率.740/シーズン2位

 20勝以上を挙げたチームは2002年の西武以来だ。

広尾晃 / Koh Hiroo

最終更新:6/5(水) 7:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事