ここから本文です

広島、交流戦初勝利で昨季リーグ覇者対決は1勝1敗 田中が3号満弾含む3安打5打点

6/5(水) 21:24配信

Full-Count

田中は同点の7回に勝ち越しタイムリー、8回には試合を決める3号満塁ホームラン

■広島 9-1 西武(交流戦・5日・メットライフ)

 広島は5日、敵地での西武戦を9-1で勝利し連敗を2でストップし交流戦初勝利を挙げた。田中が3号満塁弾を含む3安打5打点の大活躍を見せた。

【写真】この試合で守備に打撃に大活躍! 広島・田中広輔の写真ギャラリー

 両チーム無得点で迎えた3回。広島は1死三塁から野間の二ゴロの間に三走・田中が生還し先制。同点の7回には1死満塁から田中の右前タイムリー、代打・磯村の2点タイムリー二塁打で3点を奪い勝ち越しに成功した。

 さらに8回はバティスタの17号ソロ、田中の3号満塁アーチで一挙5点を奪い試合を決めた。この日、田中は満弾を含む3安打5打点の大活躍でチームの勝利に貢献した。

 西武は先発の十亀が6回まで1失点と好投を見せていたが7回に崩れた。打線も広島投手陣から1得点と自慢の強力打線が不発に終わった。

Full-Count編集部

最終更新:6/5(水) 21:31
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事