ここから本文です

マグロ入刀 永遠の愛誓う 久米島で結婚式 東京都海老原さん夫妻と長野県田中島さん夫妻

6/5(水) 7:10配信

沖縄タイムス

 【久米島】久米島ファンのカップル2組が5月、島を訪れて結婚式を挙げ、友人たちから温かい祝福を受けた。

この記事の他の写真・図を見る

 長野県松本市の田中島秀雄さん(50)、裕恵さん(36)夫妻は18日に結婚披露宴を開いた。6年前、2人で営む沖縄料理店「島家」に島出身の宮直也さん(47)が訪れ、会話が弾んだことがきっかけ。店の常連客や宮古島、石垣島のダイビング仲間ら80人が訪れ、祝福した。

 披露宴では島の漁師が差し入れた50キロのマグロで入刀式。解体ショーや三線、民謡、踊りなどで盛り上がった。長野県から訪れた秀雄さんの母、田中島せい子さん(75)は「何とも言えないほど楽しい披露宴。幸せになってほしい」と笑った。裕恵さんの母、高田千恵子さん(70)は「温かい人たちとのつながりを感じた。ほっとしている」と祝った。

 東京都狛江市の海老原悠輔さん(32)、美由紀さん(32)夫妻は26日、久米島イーフビーチホテルで人前式を挙げた。2人は「東京球美友結の会」のメンバーで、「島で結婚式を挙げたい」と話していた夢をかなえた。

 悠輔さんは「人の輪が広がり『お帰りなさい』の言葉に感動した。島は第二の故郷」と話した。父の海老原弘一さん(73)と母の不二絵さん(69)は「初めて来ただけでも人情味豊かな島だと分かる」と喜んだ。美由紀さんの父の高橋善幸さん(69)と母の紀子さん(64)は「娘が愛されているとよく分かる式。ついのすみかにしたいほど、いい島」とほほ笑んだ。(比嘉正明通信員)

最終更新:6/5(水) 7:10
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事