ここから本文です

<東映アニメーション>アニメ企画を公募 「一休さん」リメークも

6/6(木) 15:00配信

まんたんウェブ

 アニメ「ONE PIECE」「プリキュア」などで知られる東映アニメーションが、オリジナルアニメ企画を一般公募し、クリエーターを発掘する新プロジェクト「東映アニメーション 100年アニメプロジェクト」を始動したことが6月6日、分かった。創立60周年を経た同社がアニメ企画を一般公募するのは初めて。四つのコースが設けられ、「一休さん」のリメーク企画も募集する。

【写真特集】「100年アニメプロジェクト」とは… 「一休さん」リメークも

 アニメが100年続く中で、新しいクリエーターを発掘することを目的としたプロジェクトで、年齢、性別、経歴などを問わず参加できる。オリジナル企画をアニメ化する「だれでもアニメコース」、長期にわたり多くの地域、たくさんの人に愛されるアニメ企画を募集する「プロでもアニメコース」、「一休さん」のリメーク企画を募集する「みんなでリメイクコース」、制作プロデューサー、クリエーターを募集する「クリエイター&製作プロデューサー募集コース」の4種類。

 募集期間は7月1日~8月31日で、2020年4月23日に結果が発表される予定。各コースごとに大賞には100万円、優秀賞には50万円、奨励賞には30万円の賞金がそれぞれ贈呈される。

 ◇東映アニメーション 高木勝裕社長のコメント

 --本プロジェクトを実施することになったきっかけをお教えください。

 アマチュアからの募集も含め、今回のように広くアニメ企画を公募するのは東映アニメーションにとって初の試みです。今、社内でも多くの企画が出ていますが、それ以外にも、これまで弊社になかったような新しい視点の企画が生まれることを期待して、外の人の力を借りていこうと考えました。具体的には「どこかで見たことがあるな」「何かに似ているな」と感じさせない作品です。うまい、下手ではありません。こんな発想があったのか、と驚きを感じさせる内容をお待ちしています。映像の技術は日々進化しています。だからこそストーリーの大事さが浮き彫りになってくるのです。

1/3ページ

最終更新:6/6(木) 15:00
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事