ここから本文です

東映アニメ、オリジナル企画を一般公募!「一休さん」リメイクプロジェクトも

6/6(木) 15:00配信

シネマトゥデイ

 「ドラゴンボール」「ONE PIECE ワンピース」「ゲゲゲの鬼太郎」など、数々の人気アニメで知られる東映アニメーション株式会社は6日、オリジナルのアニメ企画を一般募集する新プロジェクト「東映アニメーション 100年アニメプロジェクト」の始動を発表した。

 「新しい発想を持つクリエイターと100年続くアニメ企画を発掘する」ことを目的としており、年齢、経歴などを問わず応募が可能。アニメの企画を募集する3種類のコースと、クリエイターや製作プロデューサーを募集するコースの全4種類で構成されている。

 アニメ企画コースの内訳は、未経験者が挑戦しやすいアイデア重視のコース A「だれでもアニメコース」、映像製作経験者を主な対象とした企画の完成度を重視するコース B「プロでもアニメコース」、同社を代表するアニメ「一休さん」を自由な発想でリメイクするコース C「みんなでリメイクコース」となる。

 各コースごと、大賞には賞金100万円、優秀賞には賞金50万円、奨励賞には賞金30万円を贈呈。大賞作品は企画内容に合わせ、テレビアニメーションやウェブ配信、劇場公開といった展開を予定している。募集期間は2019年9月30日の15 時まで。受賞発表は2020年4月23日を予定している。(20歳未満の応募は必ず保護者の同意が必要)

 また、コースDにあたる「クリエイター&製作プロデューサー募集コース」では、20歳以上の経験者を対象に、製作プロデューサー ・演出・アニメーター・美術デザイナー(背景員)を若干名募集する。応募受付期間は2019年7月1日から8月31日まで。作品・プロジェクト単位での業務委託契約となる。

 東映アニメーション60年以上の歴史でも初という試みについて、代表取締役社長の高木勝裕氏は「いま社内でも多くの企画が出ていますが、それ以外にも、これまで弊社になかったような新しい視点の企画が生まれることを期待して、外の人の力を借りていこうと考えました」と説明する。

1/2ページ

最終更新:6/6(木) 15:00
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事