ここから本文です

「よい“原作”に」佐藤大樹・増田俊樹の「錆色のアーマ」開幕、アニメ化も決定

6/6(木) 21:18配信

ステージナタリー

「『錆色のアーマ』-繋ぐ-」が、本日6月6日に東京・天王洲 銀河劇場で開幕した。

「錆色のアーマ」は、舞台版の上演を皮切りに、コミカライズをはじめとした“逆2.5次元”メディアミックス展開がなされているプロジェクト。初日に実施された会見には、演出・上演台本の元吉庸泰、孫一役の佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)、織田信長役の増田俊樹が出席した。元吉は「“繋ぐ”というタイトルには、企画段階からの全スタッフの祈りを込めた」と話し、「とてもよい“原作”になっています。ぜひお楽しみいただければ」と呼びかけた。

【写真】左から元吉庸泰、佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)、増田俊樹。(メディアギャラリー他10件)

佐藤は、“逆2.5次元”となる本作について、「自分たちが“原作”になるので、稽古段階からキャストと演出の元吉さんでたくさん話し合った」と初演を振り返る。新作の開幕に向けて佐藤は「新キャストの皆さんが個性豊かで豪華で、稽古場で見ていても1人ひとりに魅了された。いろいろな要素が詰まった新作公演を、ぜひ楽しみにしていただきたいです」と観客に呼びかけた。

「前回はバチバチに激しかったのですが、今回もかなり激しい2時間です」と言う増田は、「今回は孫一がずっと走り続けているような感じの作品。僕が出ていないシーンのときは『がんばれ、大樹!』『振り向かずに、前を向いて走れば大丈夫!』と思いながらやっていました」と稽古を振り返る。さらに増田は「最高の作品に仕上がっています」と本作の出来栄えに自信をのぞかせ、「たくさんの方に『錆色のアーマ』を知っていただきたい」とメッセージを送った。

なおこのたび、「錆色のアーマ」がアニメ化されることが明らかに。アニメ版には声優として孫一役の佐藤、織田信長役の増田が出演する。そのほか詳細は続報を待とう。

高殿円が脚本を務める「『錆色のアーマ』-繋ぐ-」の出演者には、佐藤と増田のほか、荒木健太朗、永田崇人、平田裕一郎、章平、神里優希、佐藤永典、石渡真修、田中しげ美、丘山晴己、玉城裕規らが名を連ねている。公演は6月16日まで東京・天王洲 銀河劇場、22・23日に愛知・岡崎市民会館 あおいホール、27日から30日まで大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて。

■ 「『錆色のアーマ』-繋ぐ-」
2019年6月6日(木)~16日(日)
東京都 天王洲 銀河劇場

2019年6月22日(土)・23日(日)
愛知県 岡崎市民会館 あおいホール

2019年6月27日(木)~30日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

原案:「錆色のアーマ」プロジェクト
脚本:高殿円
演出・上演台本:元吉庸泰
出演:佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)、増田俊樹 / 荒木健太朗、永田崇人、平田裕一郎、章平、神里優希 / 今井稜、大沼優記、西田健二、橋本有一郎、服部悠、冬川耕佑、宮垣祐也、若宮亮 / 佐藤永典、石渡真修、田中しげ美 / 丘山晴己 / 玉城裕規

最終更新:6/6(木) 21:18
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ