ここから本文です

ロッテ-阪神戦が警告試合に 死球受けたロッテ・井上が激高 両軍入り乱れる

6/6(木) 20:52配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ロッテ-阪神」(6日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテ-阪神戦の七回、井上に与えた死球から両軍がマウンド付近に入り乱れ、笠原球審から警告試合が宣告された。

【写真】怒りのアジャ マスクに顔を極限まで近づけて猛抗議

 この回、2番手の小野が2死から四球と左翼線二塁打で、2死二、三塁のピンチを招く。ここで4番・井上との対戦。2ボール1ストライクからの4球目。内を狙った直球が、井上の左手首付近に直撃した。

 前夜も阪神・青柳から2死球を受けていた井上。カード3つ目の死球に、捕手・梅野に詰め寄って怒りを爆発させた。ここでロッテベンチも一斉にグラウンドに飛び出て、両軍入り乱れる事態となった。

 球審から警告試合が宣告され、2死満塁のピンチを背負ったが、最後は小野が香月を左飛に抑え、なんとか無失点で切り抜けて1点リードを守った。

最終更新:6/6(木) 21:48
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(水) 7:20

あなたにおすすめの記事