ここから本文です

阪神 延長制して今季最多タイの貯金6 十回に糸井が決勝打

6/6(木) 21:53配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ロッテ3-4阪神」(6日、ZOZOマリンスタジアム)

 阪神が今季7度目の延長戦を制した。貯金は今季最多タイの6。首位・広島とのゲーム差を再び3に縮めた。マルテが先制の2点打を含む、来日最多の3打点の活躍。同点に追い付かれた直後の延長十回、糸井の右前適時打が決勝打になった。今季初登板の小野が2回無失点と好投した。

【写真】頼れる男!勝ち越し打を放つ糸井

 試合は初回、1死から糸原が中前打で出塁。主将が3戦連続安打でチャンスメークすると、糸井の右飛を挟んで、大山が右中間を破る二塁打で二、三塁を作った。ここで打席に助っ人が登場。2ストライクから3球目、3球続いた直球をフルスイングした。

 打球が中前に抜けると、二走・大山も一気に生還。前夜の惜敗を消し去るように、先制攻撃で主導権を握った。マルテは来日初となる先制タイムリー。これで9試合連続安打と、好調を維持している。また、チームにとっても4試合連続の先制点となった。

 マルテは「初回のチャンスで、チームにいいリズムを作る意味でも大切な打席だった。1本打って自分の仕事をすることができて、よかったよ」と振り返った。さらに三回には、1死満塁から右犠飛を決めて、来日初の3打点をマークした。

 先発は高橋遥。初回に2つの四球から1点を失うなど、本来の調子ではない中で5回5安打2失点と粘りの投球。1点のリードを守ってバトンをつなぐと、矢野監督は2番手に小野を指名した。キャンプ中に右肘の違和感を訴え、リハビリを続けてきた右腕が昇格即、今季初登板。六回を3者凡退に抑えた。

 だが、続く七回のマウンド。2死から鈴木に四球与え、清田には左翼線二塁打を浴び、2死二、三塁のピンチを招く。ここで4番・井上との対戦。2ボール1ストライクからの4球目。内を狙った直球が、井上の左手首付近に直撃した。

 前夜も2死球と、内角を厳しく攻められていた井上は、このカード3個目の死球に、捕手・梅野に詰め寄って怒りを爆発。ここでロッテベンチも一斉にグラウンドに飛び出し、両軍入り乱れる一触即発の事態になった。責任審判でもある球審・笠原から警告試合が宣告され、なおも2死満塁のピンチを背負ったが、最後は小野が香月を左飛に抑え、なんとか無失点で切り抜けて1点リードを守った。中継ぎ初登板の小野は、プロ初ホールド。

 だが九回、ドリスが2死二塁から清田に同点打を浴びた。高橋遥の2勝目は消えたが、それでも続く延長十回。近本、糸原の連打で一、二塁を作ると、続く糸井が一、二塁間を破り、再び勝ち越しに成功した。十回裏を島本が無失点で切り抜け、プロ初セーブを記録した。これで開幕から、1点差試合は9勝5敗。六回までにリードした試合は、19勝2分けと無敵の強さを誇るなど、接戦での強さが光っている。

 7日からは本拠地・甲子園に戻って日本ハムとの3連戦。先発は西の予定。いきおいに乗って連勝を狙いたい。

最終更新:6/6(木) 22:19
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事