ここから本文です

『コンフィデンスマンJP』映画続編決定 長澤まさみ「とってもうれしかった」

6/6(木) 18:50配信

オリコン

 女優の長澤まさみが6日、都内で行われた映画『コンフィデンスマンJP』大ヒット御礼舞台あいさつにサプライズ登場し、映画第2弾となる続編決定を発表した。「言わなきゃいけないことがあってきたんです」という長澤に共演の小日向文世は「まさか結婚するんじゃないよね!?」と思わずドキドキ。笑いを誘うなか「映画第2弾製作が決定しました!」と告知し、会場から万雷の拍手を浴びた。長澤は「『この作品に満足してくださってる方がたくさんいるんだな』と実感していたのでとってもうれしかったです。なので頑張ってみんなでまた撮影したい」と意気込んだ。

【写真】長澤まさみに突き飛ばされひっくり返る小手伸也

 当初、別作品の撮影のため欠席をアナウンスされていた長澤の代わりに冒頭、東出昌大が等身大パネルを持参。VTRメッセージが上映された後、登壇の東出、小日向、小手伸也、田中亮監督らと生電話をしている途中に電話を片手にステージに乱入。見事にキャスト、司会者、観客を“騙す”ことに成功。小日向は「マジで騙されたよ~」と天を仰ぎ、東出は「本当に撮影だと思ったよ!」と驚いた。

 長澤からさらなるサプライズとして映画続編を知らされたキャスト一同は驚きの表情で小日向は「おお~!」とびっくり。小手は「判断が早すぎないですぁ!?」と声をあげ、東出も「スケジュールどうなってるんだろう……え、どこでやるんですか!?」と思わず田中監督に質問。まだ内容は制作中と聞いた東出から「五十嵐(小手)は出ないんでしたっけ?」とイジられた小手は、「もう! いい加減にしろ! 出してください!」とタジタジに。すると長澤は「何役で?」と重ねて息ぴったりのやりとりで沸かせた。

 突然のサプライズに戸惑いつつも、小日向は「またこのメンバーでね。これきりかと思ったらまた会えるからうれしいな~」と小手と向かい合って歓喜。同作でブレイクした小手は「どこに行っても五十嵐が潜入してると言われる。末永くこのキャラクターと生きていきたいと思っていたので本領発揮をしたい」とやる気十分。最後に長澤は「またみなさん満足してもらえる作品が作れるよう“2”も頑張っていきたいなと思います。“うそ”じゃないよ」と微笑みを浮かべた。

 人気脚本家・古沢良太が手がけた同作は昨年4月期に月9ドラマとして放送され、このたび映画化。主演の長澤まさみ演じるダー子はじめ、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)ら一見平凡で善良な姿をした3人の信用詐欺師(=コンフィデンスマン)が、金融、不動産、芸能など華やかな世界の欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る、痛快エンターテインメントコメディー。

 映画版では香港を舞台に、“ロマンス編”と題し竹内結子、三浦春馬、江口洋介らがゲストとして登場。きょうで公開から21日目にして動員150万人、興行収入は19億円を突破している。

最終更新:6/9(日) 20:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい