ここから本文です

鉄スクラップ国際市場、様子見ムード強まる

6/6(木) 12:24配信

日刊産業新聞

 鉄スクラップの国際市場は、様子見ムードが強まっている。米国や欧州からトルコ向けの鉄スクラップ輸出市況が反落したことが要因。米国のトランプ政権が先月16日にトルコから輸入する鉄鋼製品への追加関税を50%から25%に引き下げると発表したことを発端に、5月中にトルコ向け鉄スクラップ輸出価格は急反発したものの、トルコ向け価格の反落で再び各国の鉄スクラップ需要家が様子見姿勢を強めている。

最終更新:6/6(木) 12:24
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事