ここから本文です

窪田正孝が主演務める「ラジエーションハウス」が月9の意地見せる(5月27日~6月2日期間 ドラマ視聴率ランキング)

6/6(木) 16:14配信

トレンドニュース(GYAO)

5月27日~6月2日期間中のドラマを「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。フジテレビ系ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」が、月9の意地を見せて視聴率トップを獲得した。

【無料配信】「緊急取調室」最新話を配信中>>

■第1位 フジテレビ系「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」第8話(5月27日放送) 13.3%

窪田正孝が、掟(おきて)破りの天才放射線技師・五十嵐唯織役で「月9」初主演。“病の写真家”が患者の視えない病を見つけ出して救っていく。放射線技師という医療を縁の下で支えるヒーローたちの戦いを描いている。

けいれん発作で救急搬送された少女・久美(稲垣来泉)にMRI検査を行ったところ、二相性急性脳症の所見が見られ、入院治療が進められた。杏(本田翼)は、久美への治療効果を確認するため再度MRI検査を行うことを決める。その席で、杏が目も合わせてくれなかったことにショックを受ける唯織。それを知った裕乃(広瀬アリス)は、なぜかモヤモヤした気持ちになる。また、杏が唯織を気にしていることを見抜いたたまき(山口紗弥加)は、「素直になれば?」と杏に声をかける。

■第2位 テレビ朝日系「緊急取調室」第7話(5月30日放送) 12.9%

天海祐希が主演を務める「緊急取調室」の第3シーズンが今春よりスタート。通称キントリこと警視庁捜査一課・緊急事案対応取調班のメンバーたちは、取調室という“密室の戦場”で、事件の真実を明らかにしようと奮闘する。

宝石販売会社の敏腕社長・伴佐知恵(大久保佳代子)が「別れた夫を殺した」と遺体のインスタント写真まで持参して自首しにきた。23歳年下のイケメン販売員・若杉純(稲葉友)との再婚が決まっている佐知恵は、「悪いことをした以上、罪を償わなければ幸せになれない」と神妙な面持ちで語る。再婚相手は、佐知恵の罪を知った上で、彼女を待つと誓ったそうだが……。大久保佳代子がメインゲストとして出演し、Twitter上でも「大久保さんに泣かされる日が来ようとは」と好評を博した。

■第3位 テレビ朝日系「科捜研の女」第7話(5月30日放送) 12.4%

沢口靖子が京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコ役で主演する「科捜研の女」の第19シーズン。放送開始20周年と、テレビ朝日の開局60周年を合わせて記念して、春・夏・秋・冬の4クールにわたって1年間放送される。

マリコは、科捜研メンバーたちと休暇を取って和歌山へ。パンダで人気のテーマパークを楽しんでいると、不審な男が小学生のリュックを奪おうとする場面に遭遇した。防犯カメラと科捜研のデータベースを照合した結果、男は数日前に京都市内で強盗傷害事件を起こして指名手配中の容疑者・新浜陽一(小柳友)であることが判明する……。かわいいパンダたちが登場して、パンダ好きの間でも「パンダ回」として話題になった。

■「特捜9」「わた定」と続く

第4位にはテレビ朝日系「「特捜9 season2」」(11.6%)、第5位にはTBS系「わたし、定時で帰ります。」(10.3%)と続いた。

視聴率的に苦戦することも珍しくなくなった月9枠だが、「ラジエーションハウス」は好調に視聴率を伸ばしている。春ドラマも終盤に差し掛かり、有終の美を飾ることができるか。

(文/原田美紗@HEW)

出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)

最終更新:6/6(木) 16:14
トレンドニュース(GYAO)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事