ここから本文です

マーク・ジェイコブスのウエディングはアニマルラバー婚

6/6(木) 21:03配信

ELLE ONLINE

2018年4月に婚約し、2019年4月6日にモデルでキャンドルデザイナーのチャーリー・デフランチェスコと遂に結婚式を挙げたマーク・ジェイコブス。式後、ニューヨークのレストラン「ザ・プール」で行われたレセプションではジジ&ベラ・ハディッドやナオミ・キャンベルなどの豪華ゲストのルックに注目が集まったが、実はアニマルだらけの結婚式だったことには気がついた? マークのアニマルラバーなウエディングシーンをチェックしてみて。

次は誰? 2019年に結婚式を挙げるセレブを大予想!

フランソワ=グザヴィエ・ラランヌの羊のオブジェ

結婚式の衣装を選んでいると思われるシーンに佇むのは、彫刻家フランソワ=グザヴィエ・ラランヌによる羊のオブジェ。この羊のオブジェは、ココ・シャネルやイヴ・サンローランが所有していることでも知られている。

ちなみにマークが最終的に選んだのは、左端のベージュのブーツとネクタイ。どちらもアレッサンドロ・ミケーレによる「グッチ」のもの。

ペンギンのピン

ダイヤモンドとオニキスがあしらわれたペンギンのピンは、「プラダ」と「ミュウミュウ」のデザインディレクターを務めるファビオ・ザンベルナルディからのプレゼント。

ペンギンは1人のパートナーと一生添い遂げる動物として有名。結婚にぴったりのメッセージが込められたプレゼントに、マークもインスタグラムで「貞節と忠誠心の素晴らしい手本」とコメント。

ライオンのカフリンクス

こちらも準備中のワンシーン。マークの袖口に着けられているのは、1960年代の「デイヴィッド・ウェブ」のヴィンテージカフリンク。ライオンの頭の形をしたこのカフリンクは18金製で、エナメルやルビーが飾されている。

ちなみにこの「キングダム・カフリンクス」シリーズの現行版はほかにも、カメ、ゾウ、トラ、カエル、サイなどがあるそう。

イヌのフォトプロップス

さすがはマーク・ジェイコブスの結婚式。華やかなゲストたちが写真を撮る場所の用意も抜かりなし。

元「コレット」のサラ・アンデルマンと夫のフィリップ・アンデルマンはプードルたちのフォトプロップスを使った写真をシェア。

1/2ページ

最終更新:6/6(木) 21:03
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事