ここから本文です

リスクを抑えて投資を始めるなら?初心者のための「2つのコツ」

6/6(木) 18:30配信

MONEY PLUS

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

【図で比較】保有期間5年と20年では、運用成果に違いが…

今回の相談者は、投資を始めようか悩んでいる28歳の公務員の女性。投資初心者のため、どの運用手段を選んでいいのかわからないといいます。FPの鈴木さや子氏がお答えします。

【相談者の悩み】

昨年秋に車を一括で購入(120万円)し、貯蓄が半減したことを受け、投資をして少しでもお金を増やしたいと考えるようになりました。貯蓄は現在160万円弱(財形貯蓄120万円、普通預金40万円)しかありません。財形貯蓄の利率が1.2%と高いため、素人が投資に手を出すよりも、財形貯蓄で増やした方が安全でしょうか。つみたてNISAやiDeCoなど、さまざまな運用手段があり、どれを活用したらいいのか判断できません。

〈相談者プロフィール〉
・女性、28歳、未婚、一人暮らし
・職業:公務員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:17万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出目安:17万円

【支出の内訳】
・住居費:3.3万円
・食費:2.8万円
・水道光熱費:1.3万円
・教育費:なし
・保険料:0.6万円
・通信費:0.7万円
・車両費:0.6万円
・お小遣い:0万円
・その他:3.7万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:4万円
・現在の貯蓄総額:160万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

【FPの回答】

鈴木: こんにちは。ファイナンシャルプランナーの鈴木さや子です。上手にやりくりしてしっかり貯蓄できていますね。自動車を買うときもローンを組まずに一括購入、とても素晴らしいことです。

財形貯蓄を活用されていますが、これからは投資もしてもっとお金を増やしたいと考えているのですね。お金が減るリスクがある投資では、いかにリスクを抑えて運用するかがポイントとなります。初めて投資にチャレンジする方が、リスクを抑えて始められる方法をお伝えします。

1/4ページ

最終更新:6/6(木) 18:30
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ