ここから本文です

docomo with終了に伴う駆け込みで、キャリアシェアを大きくけん引

6/6(木) 19:30配信

BCN

 全国の家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計している「BCNランキング」によると、2019年5月のスマートフォンのキャリアシェアでdocomoが33.2%と他のキャリアを大きく引き離した。

1位 docomo 33.2%
2位 au 23.7%
3位 SoftBank 16.7%

 docomoの販売台数を前月(19年4月)と比較したところ、1.5倍の規模に達していた。6月から総務省主導で実施される、端末代金と通信料金の分離プラン義務化を前に駆け込みが発生したと思われる。5月の製品別ランキングではdocomo with対象の機種が、前月に比べ大幅に順位を上げていることが明らかとなった。

1位 →(前月1位)iPhone 8 64GB(au)(アップル)
2位 →(前月2位)iPhone 8 64GB(NTT docomo)(アップル)
3位 →(前月3位)iPhone 8 64GB(SoftBank)(アップル)
4位 ↑(前月10位)AQUOS sense2 SH-01L(シャープ)*
5位 ↓(前月4位)iPhone 6s 32GB(Y!mobile)(アップル)
6位 ↑(前月13位)iPhone 7 32GB(NTT docomo)(アップル)*
7位 ↑(前月8位)Xperia XZ3 SOV39(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
8位 ↑(前月9位)iPhone XR 64GB(NTT docomo)(アップル)
9位 ↓(前月7位)iPhone XR 64GB(au)(アップル)
10位 ↓(前月6位)iPhone XR 64GB(SoftBank)(アップル)

*印はdocomo with対象機種。
 

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

 

最終更新:6/6(木) 19:49
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事