ここから本文です

レアル構想外のベイル、イタリア移籍の可能性が急浮上

6/6(木) 7:25配信

ゲキサカ

 インテルを率いるアントニオ・コンテ監督がレアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(29)の獲得を望んでいるようだ。伊『フットボール・イタリア』が報じている。

 2013年9月にトッテナムからレアルに加入したベイル。活躍が期待されてきたが、負傷を繰り返すなど、その稼働率は60%ほど。今季は公式戦42試合で14ゴールを記録したが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となっている。

 そんな中、スペインTV局『エル・チリンギート』によると、インテルの監督に就任したコンテ新監督が、同クラブのジュゼッペ・マロッタ最高経営責任者(CEO)とピエロ・アウジリオスポーツ・ディレクター(SD)にベイル獲得を要求したという。

 ベイル自身はレアル残留を望んでいるようだが、退団となれば高額な移籍金となる可能性があり、この夏の去就に注目が集まる。

最終更新:6/6(木) 7:25
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事