ここから本文です

別格のC・ロナウド、通算53回目のハット達成「彼は天才」「見慣れた光景」

6/6(木) 10:26配信

ゲキサカ

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア通算53回目のハットトリックを達成した。だが、指揮官やチームメイトにとっては見慣れた光景のようだ。英『BBC』が伝えている。

 5日、ポルトガルはUEFAネーションズリーグ準決勝でスイスと対戦。先発出場したC・ロナウドは前半25分にFKを決めると、同点で迎えた後半43分にMFベルナルド・シウバの折り返しから右足ダイレクトシュートを流し込み、勝ち越しに成功する。さらに45分には、得意の跨ぎフェイントから右足シュートを決め、ハットトリックを達成。3-1の勝利に貢献した。

 同紙によると、C・ロナウドのハットトリックは代表では7回目、キャリア通算では53回目だという。フェルナンド・サントス監督は「ロナウドを表現するために数多くの言葉を使ってきた。彼はフットボールの天才だ」と語ると、B・シウバは「僕たちはこの種のことに慣れている。彼は長年それをやっている。だから、誰にとっても驚きではない」と語った。

 今季レアル・マドリーからユベントスに移籍したC・ロナウドは、公式戦43試合で28ゴールを記録。年齢面からくる劣化を感じさせないパフォーマンスをみせている。

最終更新:6/6(木) 10:26
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事