ここから本文です

アマゾンがAI+ARを活用したバーチャルメイク機能。ロレアルグループの技術導入で実現

6/7(金) 7:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

アマゾンジャパンは6月5日、メーキャップ製品の使用イメージをバーチャルで試せる新機能「バーチャルメイク」をAmazon.co.jpのモバイルサイトとショッピングアプリに導入した。

スマホのカメラで撮影した写真や動画を使ってメークの色を試せる。「購入前に色を試したい」という要望が多いリップカテゴリーから開始した。

「バーチャルメイク」は、ロレアルグループ傘下のモディフェイス社が持つ人工知能(AI)技術と拡張現実(AR)技術を活用している。アマゾンジャパンによると、モディフェイスが開発したこの技術を導入するのは日本国内のECではアマゾンが初めて。

「バーチャルメイク」の対象商品は、日本ロレアル、資生堂、カネボウ、コーセー、花王が展開する合計18ブランドの890点以上(6月5日時点)。今後、対象カテゴリーとブランドを拡大していく予定。


■ 「バーチャルメイク」の利用イメージ

「バーチャルメイク」を利用するには、対象商品のページを開き、商品の下に表示される「試す」をクリックする。スマホのカメラや写真アルバムと連携させ、メイクの方法を選択。ユーザーの写真や動画を使う方法と、モデルの写真を使用する方法がある。

画面に表示された顔に、メーキャップ製品の色を乗せて商品をバーチャルで体験できる。色の濃さを調節したり、他のカラーを選択することも可能。色を試した商品は、そのままAmazonで購入できる。

アマゾンジャパンは美容ジャンルのストアとして、スキンケアやヘアケア、バス&ボディケア、メイクアップ、ネイル、フレグランス・アロマなどを販売している「Beauty Store (ビューティーストア)」や、主に百貨店などで販売されているブランドを扱う「Luxury Beauty Store (ラグジュアリービューティーストア)」を運営している。

日本ロレアルのジェローム・ブリュア社長は、アマゾンジャパンが「バーチャルメイク」を導入したことについて、次のようにコメントを出している。

┌──────────
2015年より、Amazonと協働し、この数年で戦略的ビジネスパートナーシップをさらに強化し、日本のお客さまが化粧品をより手軽にご購入できるよう、さまざまな施策を推進してきました。モディフェイスの“バーチャルメイク”は、これまでにはない画期的なオンライン購入体験を日本のみならずグローバルに提供できるほか、世界において、そして日本におけるno.1ビューティーテックカンパニーとしてのロレアルグループの地位を確固たるものにします。
└──────────

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事