ここから本文です

“刑事 雪平夏見シリーズ”に松田凌と中村優一が参加

6/7(金) 13:23配信

チケットぴあ

秦建日子のベストセラー小説「刑事 雪平夏見シリーズ」を初舞台化。主人公の雪平夏見役に篠田麻里子を迎え、好評を博した第1弾『アンフェアな月』に続き、第2弾『殺してもいい命』が上演される。そこで雪平の相棒、安藤一之役として初参加する松田凌と、雪平の元夫・佐藤和夫役を続投する中村優一に話を聞いた。

【そのほかの画像はこちら】

本シリーズの魅力としてまず中村が挙げたのは、「女性がキーになっている」ということ。雪平はもちろん、雪平の娘の美央、事件に関わる女性など、「男性の秦さんがあれだけ女性の心情を描けるのが本当にすごい」と驚く。その中でふたりが演じる安藤、佐藤についてそれぞれ聞くと、「それもやっぱり雪平にとっての男性、ですよね」と松田。「優一くんの言うように女性がキーになっているこの作品の中で、女性の孤独とか憧れとかすべてを背負っているのが雪平夏見。そんな雪平を支えるふたりだってことは間違いなくて…」と語る。

さらに松田は「こと安藤に関しては、自分にしか埋められない雪平の穴を見つけたいと思っているというか。そして雪平が唯一ホッと出来る場所でもあるのかな」と自らの役をこう捉える。すると中村は、「前回までは佐藤も確かにそうだったんですが、最終的に佐藤は支えられなかった人間なんですよね。今回はその佐藤が殺されたところから物語が始まるので、わかりやすく言えば雪平の守護霊、みたいな存在だと思います」といたずらっぽく笑った。

そんな雪平演じる篠田について中村は、「すごく努力される方」とひと言。松田も「芯が強くて、全部を背負える人。そこは雪平に重なるのかもしれないですけど」と全幅の信頼を寄せる。さらに中村は「それで言うと篠田さん自身、雪平に近い“S”っぽさを感じるんです。僕はMなのでちょうどいいんですけど」とニヤリ。そんな意外なところにも、役に通じる部分があるようだ。

松田と中村の本格的な共演は今回が初。中村は「すごく真面目っていうのがベースにありつつ、絶対にヘンな人(笑)」と、松田について表現。さらに「でもそれがすごく魅力的なんです」と続ける。一方、松田は中村について「ミルクティーみたいな人」と表現。それは中村の品のよさゆえとのことだが、「やっぱりヘンでしょ?」と中村のツッコミが。すると松田は笑いつつ、「僕は優一くんから学び取ることしかないので、本番終わるまでいろんなものを吸収させてもらえたらと思います」と言うと、「僕もまったく同じです」と中村も続いた。

公演は6月21日(金)より東京・サンシャイン劇場にて開幕。チケットは発売中。

取材・文:野上瑠美子

最終更新:6/7(金) 16:02
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事