ここから本文です

点検作業中に京急線と接触、作業員軽傷 三浦

6/7(金) 23:30配信

カナロコ by 神奈川新聞

 7日午後2時15分ごろ、神奈川県三浦市初声町下宮田の京急線三浦海岸-三崎口間の線路上で点検作業をしていた男性作業員(58)が、走行してきた同線京成高砂発三崎口行き快特電車(8両編成)と接触した。男性は頭に軽傷を負った。

 三崎署によると、三崎口駅から約150メートル離れた線路上で、作業員4人が線路のゆがみを点検。現場に近づいた快特電車が警笛を鳴らして合図を送り、作業員3人は現場を離れたが、負傷した男性はそのままとどまり、電車とぶつかった。男性はヘルメットをしていた。

 京急電鉄によると、同線の上下線が5本運休、約460人に影響した。

神奈川新聞社

最終更新:6/7(金) 23:40
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事