ここから本文です

田口淳之介被告が保釈 湾岸署正面玄関で16秒の土下座「しっかり更生し、罪を償う」

6/7(金) 19:20配信

オリコン

 元女優・小嶺麗奈被告(38)とともに大麻取締法違反(所持)の罪で起訴されたアイドルグループ・KAT-TUNの元メンバーで歌手、田口淳之介被告(33)が7日午後7時20分、勾留されていた東京湾岸署から保釈された。湾岸署正面玄関に姿を現した田口被告は、謝罪の言葉を述べた後、16秒その場に土下座した。

【写真】神妙な表情で謝罪した田口淳之介被告 土下座も

 2人は先月22日午後、一緒に住んでいた東京都世田谷区の自宅で乾燥大麻を所持していたとして現行犯逮捕された。2人はその後、東京千代田区の厚生労働省の麻薬取締部で取り調べを受け、江東区・湾岸署へ移送され、5日に大麻取締法違反の罪で東京地検に起訴された。

 黒のネクタイとスーツ姿で現れた田口被告ははっきりとした声で「この度は、私が起こしました事件で、皆様にご心配をおかけし誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。また、今後について「金輪際、大麻などの違法薬物、犯罪に手を染めないことをここに誓います。しばらくの間、私の芸能活動は休止させていただきますが、しっかり更生し、罪を償い、一日でも早く皆様の信頼を取り戻せるように必死に生きてまいります」と声を張った。

 最後に「どうかこれからも皆様からのご指導ご鞭撻のほど、なにとぞよろしくお願い申し上げます。本当に申し訳ありませんでした」と改めて謝罪すると、その場で額をこすりつけるように16秒にわたり土下座した。

 田口被告は2006年にKAT-TUNのメンバーとして「Real Face」でデビュー。俳優としても活躍していたが、16年3月に脱退しジャニーズ事務所も退所。同年11月に歌手としてソロデビューした。小嶺被告は女優として活動していたが、2012年公開の映画に出演後、表立った活動はしていなかった。2人は07年に写真週刊誌で交際が報じられていた。

最終更新:6/9(日) 8:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事