ここから本文です

雨の季節到来 強まる雨風に注意 東北

6/7(金) 13:11配信

tenki.jp

きょう6月7日、仙台管区気象台から東北南部の梅雨入りの発表がありました。向こう一週間、東北地方は、南部を中心に曇りや雨の日が多くなるでしょう。

8日(土)雨の降り方に注意

低気圧や前線が三陸沖に進む予想です。東北地方は、雨の降るところが多いでしょう。昼過ぎにかけて、低気圧や前線に近い南部では雷を伴ったり、湿った東風が吹き付ける太平洋側北部を中心に、ザっと雨脚の強まるおそれがあります。海上は荒れるおそれがあり、沿岸でも東から北よりの風が強まりそうです。

9日(日)お出かけは紫外線対策を

低気圧は東海上に離れ、前線も本州の南海上に離れるでしょう。東北地方は、北海道の西に中心を持つ高気圧から湿った空気が流れ込む予想です。太平洋側では雲の広がるところが多くなりそうです。沿岸では、夜間から朝にかけては濃い霧のかかるところがあるでしょう。車の運転など、濃い霧による見通しの悪さにご注意ください。一方、日本海側では朝晩は雲が多いものの日中は晴れるところが多く、紫外線が強いでしょう。帽子や日傘を使うなど直射日光を遮りましょう。

東北南部 梅雨入り

きょう6月7日、仙台管区気象台から東北南部の梅雨入りの発表がありました。東北南部の梅雨入りは、平年ですと6月12日頃ですから、平年より5日早い梅雨入りとなりました。
来週は、梅雨前線は南海上に離れますが、オホーツク海高気圧が出てきます。このため、南部を中心に曇りや雨の日が多くなるでしょう。気圧の谷や湿った空気の影響を受けて、東北地方は、10日(月)から11日(火)にかけても、南部を中心に雨が降りそうです。また、太平洋側の地方は、霧(海霧)の季節に入っています。東風に運ばれて、霧が沿岸や内陸にもかかりやすくなります。特に夜間は視界が100メートル以下になるところもありますので、ドライバーの方は十分にお気をつけください。

空気ひんやり 長袖の気温

8日(土)以降、最高気温は平年より低い日が多いでしょう。特に11日(火)にかけては、オホーツク海高気圧から吹き出す冷たく湿った風の影響で、太平洋側沿岸北部を中心に最高気温は20度以下になるところが多い予想です。4月から5月並みの気温に戻り、上着が必要なくらいの気温でしょう。13日(木)以降は、冷涼な空気をもたらすオホーツク海高気圧も、徐々に東海上に離れていくでしょう。平年より気温が低い状態は、13日(金)頃から解消しそうです。気象情報を確認して服装で上手に調節してお過ごしください。

日本気象協会 東北支社 佐藤 理恵子

最終更新:6/7(金) 13:11
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事