ここから本文です

墜落した空自F35A戦闘機、パイロットの遺体の一部を発見 岩屋防衛大臣

6/7(金) 9:48配信

AbemaTIMES

 4月に青森県沖で墜落した航空自衛隊のF35A戦闘機について、岩屋防衛大臣は行方不明になっていたパイロットの遺体の一部を発見したと発表した。

 岩屋防衛大臣は、F35Aの部品が散在していた海域から、パイロットの体の一部とみられるものを発見したと明らかにし、死亡と判断したということだ。

 最新鋭のステルス戦闘機F35Aの墜落事故を巡っては、自衛隊が周辺海域で捜索を続けてきた。これまでにエンジンや主翼の一部を発見したが、フライトレコーダーは見つかっていない。機体の捜索は事実上打ち切りとなっている。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:6/7(金) 9:48
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事