ここから本文です

国枝慎吾 快勝で全仏OP初戦を突破、2連覇と8度目Vへ前進<男子テニス>

6/7(金) 0:28配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は9日、車いすの男子シングルス1回戦が行われ、第1シードの国枝慎吾がワイルドカード(主催者推薦)で出場のN・ペイファー(フランス)を6-2, 6-4のストレートで破り、初戦突破を果たした。

【国枝慎吾が通算8度目の栄誉】

第1セットの序盤、地元の声援の後押しを受けたペイファーにドロップショットを決められた国枝だったが、ファーストサービスが入った時に73パーセントの確率でポイントを獲得するなど安定感を発揮。4度のブレークに成功し、1時間1分でベスト4入りを決めた。

2連覇と8度目の全仏オープン優勝を狙う35歳の国枝は決勝進出をかけて、準決勝でG・リード(英国)とJ・ヘラルド(ドイツ)のどちらかと対戦する。

また、国枝はG・フェルナンデス(アルゼンチン)とのペアでダブルスにも出場予定。

最終更新:6/7(金) 0:28
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事